ケダモノのいいなりの第1話 放課後のお仕事…

第1話 放課後のお仕事…

ケダモノのいいなり失われた放課後

 

講義でクラスメイトと会話するブロンドの派手めなママ澤北、俗称「ビチ子」は今日も電話を片時も離さない。
メールアドレスがとどくとすぐにコースを確認し、実習を後にした。
その身なりを見て幻メッセージが好きな子どもたちがメッセージをし始める。

 

女の子「あのコ…放課後に売春やってるらしーよ」

 

それは嘘表面無い特性。
先ほどのメールアドレスで夫便所へと向かったビチ子は失業のような姿をした小太りなメガネ夫からの申し入れを読み上げる。

 

ビチ子「フェラとパイズリ…あと面持射と…舞台な。30分1万4千円。イケなくても給料は貰うからな」

 

無職「フヒヒ…こんなチャーミング子で修了できるお」

 

ハァハァと興奮する男の子学生を目の前にして違和感でいっぱいになるビチ子。

 

ビチ子『クソーなんだよ。今日の顧客非常識キモいぞ』

 

心の中でそう思いながら、シャツのハイパーリンクを外し胸をあらわにする。
どんなに嫌でも始めなきゃ終わらない。

 

追っかけ「恐ろしい…本当にでっかいお」

 

ビチ子「ちょ…ちょっとだけなら触って良いぞ」

 

初めての生乳に感動からか、握りこぶしの震えが止まらない気配のダディー生徒。
ブルブルと震える手で胸を鷲掴みにし力強く揉みしだく。

 

ニート「やわらかいお…」

 

ビチ子はしゃがみ、チュパチュパと響きを立てながらガビガビに勃起したちんぽにしゃぶりついた。

 

ビチ子『うう…不条理固いし…本当にこんなのハメられるのかよ…』

 

気違い「こんな良いコがぼくのちんぽを…」

 

ビチ子『クサいちんぽしゃぶらせながらチャーミングとか言ってんじゃねーよキモオタが…』

 

心の中ではそう想うものの、こういうお願いを果たすことによって1万4千円が手に入る。
高校にとっての1万4千円は大枚です。
それを支払う父親学徒が可哀相だから大雑把は止める。

 

しゃぶった後はパイズリをする。
男の子教え子は、はじめてのフェラに引き続きはじめてのパイズリにたまらない姿勢です。

 

ビチ子「あッテメーせっかくパイズリしてやってんのになに目線つぶってんだよ!!」

 

マニア「で…でも照れくさいお」

 

ビチ子「ふざけんな!こちらだって後ろめたいんだぞ」

 

悪態をつきながら、精一杯奉仕する。
おっぱいで挟みながら最先端にこびり付くと、夫大学生は限界に達したようだ。

 

ニート「おや…もうダメだお!」

 

ビチ子「んぶッ…ちょッ…ま、待って!」

 

静止の会話も間に合わずそのまま顔にぶっかけられてしまった。
大量の精子は風貌だけじゃなくヘアや制服にまで加わり、後処理のことを考えるとうんざり始める。

 

ビチ子「クソッ取り出しすぎなんだよ!制服かかっちゃっただろ」

 

失業「はひ…すごいお…澤北君の面持ちが自身のザーメンまみれ…」

 

ビチ子「騒がしい!勝手に称号叫ぶな!!」

 

面持ち射のあとは戦いです。
一時イッたにも関わらずガタガタのままのちんぽをおまんこへ挿入し、背後の体勢で腰を打ち付けられる度に胸が揺れ動く。
悪態をついていてもやっぱり気持ち良いものは涼しい。

 

ビチ子「ううッ?あッ?ひッ?」

 

低く喘ぎながら分厚いちんぽをおまんこで妄信した。

 

ケダモノのいいなり失われた放課後