ケダモノのいいなりの第3話 放課後の教室で、トイレで、体育倉庫で性欲をみたすためだけに射精し続けられて…

第3話 放課後の教室で、トイレで、体育倉庫で性欲をみたすためだけに射精し続けられて…

ケダモノのいいなり失われた放課後

 

不備パパ「黒い素肌に白いザーメンが映えるぜ」

 

ビチ子の焼けた人肌に興奮した父親たちはいつもよりすっごく何度も何度もビチ子を犯した。

 

夏休み。
同級生は部活にレジャーに忙しない中間ビチ子は、隣席街路の宿屋で援交オジン相手にボディを売っていた。

 

おっさん「うちの幼児はクソナマイキでねーアヤくんみたいに素直ならいいのに」

 

制服コーディネートで親父に犯され喘ぐ。
もちろんそれはビチ子の狙いなどではなく、夏休みで塾の強みができない穴埋めを男たちの命令でさせられて要るだけだった。
男たちがネットで探してきた男性ほどのダディーに股を解き放ち、その販売現金をもって男たちに犯されにいく。
そういう恐ろしい毎日が夏休みに入ってずっと続いていた。

 

夏休みも後半…。

 

ビチ子「え…ナニこういう腹部…」

 

それはビチ子が見ないようにしていた実相だった。

 

ビチ子「そういえば前に月の物来たのいつ…ですっけ?」

 

思い出せないくらい月経がきてない。
吐き気もあったし、おなかも膨らんできてきている。
妊娠していると言うには十分すぎる拠り所だが、それでもビチ子は怖くてその真相を受け止めきれてなかった。

 

あすも援交で稼いだ収益を男児に渡しにいく。
それは輪姦されに行くと行っても過言ではないのだ。

 

男「じゃービチ子輪姦時刻はじめるかー」

 

その時、男のセルフがビチ子のかばんにつまずきコケて仕舞う。
手提げの中からは妊娠医療薬が出てきた。

 

ダディ「妊…しん…見立て…薬?」

 

ビチ子「そ…それは!!か、返して!」

 

パパ「へー面白そうじゃん」

 

その見立て薬はビチ子が懸念の思いの外薬局から買ってきたものの実相をわかるのが怖くてどうしても使えずにいた賜物だった。
面白がったパパたちはビチ子に大量のお茶を飲ませて検査薬を試そうと試みる。

 

父親「ギャハハ!マミーがションベン講じるとこ初めて見たわ」

 

医療結果は…陽性。
つまり妊娠やるということだ。

 

ビチ子「戯言……そんな…」

 

万全わかっていたはずだった。しかしこんなハズはないとごまかし続けてここまできたのだ。
苦痛から震えがとまらない。

 

夫「すげーまじで妊娠してるぞこれ」

 

父親2「そういや僕間違ってチョット中に醸し出しちゃった職場あるかも」

 

男3「ギャハハ自分も!ごめんなービチ子」

 

妊娠してるとわかっても尚楽しそうに笑う父親たち。
これだけたくさんの人様とセックスをしていては実際誰が父親なのかも、誰の責務なのかもわからない。
ビチ子のボディーを気遣う賜物など一人もいない。こういう最後は貫くのだ。

 

ケダモノのいいなり失われた放課後