ケダモノのいいなりの第7話 背徳感と快楽と現実逃避…

第7話 背徳感と快楽と現実逃避…

ケダモノのいいなり失われた放課後

 

ダディ「俺達のタマの精子全員投入始めるまで気持ち失うなよビチ子」

 

もはやビチ子は淑女どころか人間としてさえ扱われない。
夏休みから広がる援交おっさん対象の売春もボテおなかで中取り出し輪姦なんでも有効のハードプレイで顧客は伸びる片方だった。

 

オッサン「ヒヒヒ。アヤちゃーんオッサンたちのチンポ今日はたくさんあるからがんばってね」

 

おっさん2「すごいなこういう子ども現役JKの妊婦でなんでもさせてくれるのか」

 

親父3「アナルも中出しもごっさんもいただけるもんね、アヤ君は。」

 

親仁4「ほらアヤさんザーメンのおねだりは?」

 

ビチ子「ざ…ザーメン最大限ぶ…ぶっかけて下さい」

 

そのままおまんこや表情、全身に精子をぶっかけられ主張をあげて喜ぶビチ子。

 

ビチ子「あんッ?ひっ?」

 

おやじ「ヒヒヒ言われなくてもドロドロになるまでかけて授けるよー」

 

中年2「自力5万も払ったんだ。キッチリ元取らせてもらうからねー」

 

親父3「あーJKまんこナンバーワン」

 

親父4「ほら総て飲んで 」

 

ビチ子「はあッ?はぁッ?あッ…?」

 

精液をかけられお札を投げつけ場合る…。
そんな大枚をかせげる女子高ライブなんてどこにもいないだろう。
ビチ子にも何が間違っていて何が正しいのか把握がつかなくなってきた。

 

しかし、大きくなりすぎたオナカは隠しみたいも無く父母は養育をめぐって騒動になり離婚してしまった。
まもなくビチ子はお産…。
学園をやめたビチ子は女子とのけんかも絶えず、あの不完全旦那たちとの関わり合いも断つ結果洗い浚いを捨ててアパートを出た。
そして、アパートにこどもと二人で生活をして要る。
昨今ビチ子はどのように暮らしているかというと…。

 

ビチ子「はじめましてーアヤだ」

 

ビチ子に出迎えられた男性はそのまま二人の自宅へ加わる。
そして衣服を脱ぎながらこう積み重ねるビチ子。

 

ビチ子「ごめんね…狭いし赤ん坊寝てる隣席なんだけど、ホテル代勿体ないからさー」

 

そのままちんぽをおっぱいで挟み、さきっぽにしゃぶりつく。

 

父親「すっげ…なんでそんなに上手いの?」

 

ビチ子『そりゃいくつくわえたか思い付かグッズ…』

 

ダディー「すっげー牛乳起きるんだ」

 

ビチ子「もう…赤ん坊に記しといてよ」

 

母乳にむしゃぶりつく男をたしなめるビチ子。
そして、乗り物を広げながらこう言った。

 

ビチ子「ね?あとはじめ万で中出ししていいよ?どうする??」

 

ダディー「え………?」

 

男の答弁はもちろん「YES」です。
小さいわが方から目線を離さなくて済むようにと始めた自宅での売春だったが…
ビチ子は次第にその引け目と楽しみに私を委ね内情逃避をするようになっていた。
意義のわかっていない乳児にあられも無いビジュアルを見られ、ビチ子個人も心地よく繋がる。

 

男「高3万。でもよかったの?あんなに出して…」

 

ビチ子「あッ…?う、はい…今日は最適日光です。」

 

男性を返したのち息子に授乳しながらケータイをチェックし、次の売春に取り付ける。

 

ビチ子「乳房飲んだらまたよろしいお子さんにしててね?」

 

そして自分の体調を見ながらこう続けた。

 

ビチ子「ちょっとオナカ出てきちゃったかな…今のうちに稼がないとね」

 

少しでも生活費を稼ごうとナマ間生み出しセックスを繰り返し、すでに誰かの子供を孕んでしまっていた…。
それでも何も気にしていない容姿のビチ子。
今日も、これからも誰かとセックスをし、生きていくために誰かのお子さんを育て積み重ねるのだろう。
もう狂った歯車は誰にも止められないのだーーー。

 

ケダモノのいいなり失われた放課後